『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!

『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
二つ名・異名があるウマ娘をご紹介!元になった名馬で呼ばれていた二つ名がかっこよすぎる!
ウマ娘プラスはウマ娘 プリティーダービーに関する情報・ニュースを随時配信中です!
【ゲーム】ウマ娘プリティーダービーは現在事前登録受付中です!
詳しくは ⇒ アプリ版ウマ娘 プリティーダービー公式サイト

人気記事
  1. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    『うまよん・ウマ娘アニメ』シーズナルプランツよりうまよんグッズが発売♪
  2. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    うまよん放送後 ウマ娘の声優さん達のツイートまとめ
  3. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    【ウマ娘アニメ・うまよん】祝!!第1話放送を終えてうまよんを観たみんなの感想は?
  4. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    現役を引退したはずのゴルシが激走www可愛過ぎるので皆に愛される理由が本当によくわかる!!!
  5. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    【ウマ娘アニメ・うまよん】うちの地域じゃうまよんがみれんのじゃ…の方は必見です!
  6. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    競馬は単複が一番勝てるのになんでやらないの?
  7. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    『ウマ娘』ウマ娘スペック一覧
  8. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    win5当てたことある人平均いくらくらい買ってますか??
  9. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    『ウマ娘』うまよん更新!マンハッタンカフェの所属する美浦寮!美浦寮と栗東寮に在籍するウマ娘は?
  10. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
  11. 『ウマ娘』二つ名・異名を持つウマ娘をご紹介!
    ウマ娘関連Twitter一覧(自動更新)

二つ名・異名があるウマ娘をご紹介!

名前とは別に呼ばれている・呼ばれていた名称が別名があり、その別名を持つウマ娘をご紹介します!(元になった競走馬の異名・二つ名なのでウマ娘では呼ばれるかはわかりませんが…)

676: ウマ娘@プラス 2018/06/27(水) 17:42:26.71 ID:17DKIpO40
皇帝 シンボリルドルフ かっこえー
黒の刺客 ライスシャワー かっこえー
流星の貴公子 テンポイント かっこえー
英雄 ディープインパクト かっこえー
大福 ゴールドシップ 何故なのかw

692: ウマ娘@プラス 2018/06/27(水) 18:05:11.14 ID:nPQFfVDS0
>>676
不沈艦とか他にあるじゃろw
それよか英雄に凄まじい違和感が
絶対もっと別の良い名称つけるべきだったよなあ

698: ウマ娘@プラス 2018/06/27(水) 18:11:59.71 ID:J9evaAC9M
>>676
下の二つは定着すらしてないな

710: ウマ娘@プラス 2018/06/27(水) 18:21:50.69 ID:JilV122X0
>>676
大福って3歳時代の白毛と芦毛の斑具合を指してるぞ
豆大福のような斑具合だからそう呼ばれてる
今はもう真っ白だからぜんぜん違う

「スーパーカー」マルゼンスキー

マルゼンスキー

マルゼンスキー

1976年に中央競馬でデビュー。3歳王者戦・朝日杯3歳ステークスを大差でレコード勝ちするなど連戦連勝を続けたが、当時多くの競走で出走制限が課された外国からの持込馬だったことから、クラシック三冠競走には出走できなかった。無敗のまま1977年末に故障で引退。通算成績は8戦8勝。

参照:ウィキペディア

「皇帝」シンボリルドルフ

生徒会長シンボリルドルフ

シンボリルドルフ

日本競馬史上4頭目の中央競馬クラシック三冠馬(無敗で三冠達成した初の馬)であり、その他のGI競走を含めると史上初の七冠馬でもある。1984年度優駿賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬、1985年度同年度代表馬および最優秀5歳以上牡馬。1987年、顕彰馬に選出された。

参照:ウィキペディア

「芦毛の怪物」オグリキャップ

オグリキャップ

オグリキャップ

「平成三強」の一頭。第二次競馬ブーム期に、ハイセイコーに比肩するとも評される高い人気を得た。1988年度のJRA賞最優秀4歳牡馬、1990年度のJRA賞最優秀5歳以上牡馬および年度代表馬。1991年、JRA顕彰馬に選出。

参照:ウィキペディア

「白い稲妻」タマモクロス

タマモクロス

タマモクロス

天皇賞(春・秋)、宝塚記念のGI競走などに優勝した。同じ芦毛馬であるオグリキャップとの芦毛頂上対決に多くの競馬ファンが沸いた。

参照:ウィキペディア

みどりのマキバオーのモデルにもなったウマです。

「刺客」ライスシャワー

ライスシャワー

ライスシャワー

1992年の菊花賞、1993年・1995年の天皇賞(春)と中央競馬の長距離GI競走に優勝した。また、菊花賞と1993年の天皇賞(春)では、それぞれミホノブルボンのクラシック三冠、メジロマックイーンの同競走三連覇を阻止し、「刺客」などの異名を取った。

参照:ウィキペディア

「サイボーグ」「坂路の申し子」ミホノブルボン

ミホノブルボン

ミホノブルボン

1992年の第52回皐月賞、第59回東京優駿(日本ダービー)を無敗で制した中央競馬の二冠馬。1991年JRA賞最優秀3歳牡馬、1992年JRA賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬。

参照:ウィキペディア

「帝王」トウカイテイオー

トウカイテイオー

トウカイテイオー

1991年皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、1992年ジャパンカップ、1993年有馬記念など。日本調教馬として最初の国際G1競走優勝馬である。1991年度JRA賞年度代表馬、最優秀4歳牡馬および最優秀父内国産馬、1993年度JRA賞特別賞受賞。1995年、顕彰馬に選出。七冠馬シンボリルドルフの代表産駒である。

参照:ウィキペディア

「シャドーロールの怪物」ナリタブライアン

ナリタブライアン

ナリタブライアン

史上5頭目の三冠馬。クラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成し、1993年JRA賞最優秀3歳牡馬、1994年JRA賞年度代表馬および最優秀4歳牡馬に選出された。

参照:ウィキペディア

「女傑」ヒシアマゾン

ヒシアマゾン

ヒシアマゾン

アメリカで生まれ日本で調教を受けた外国産馬である。1993年JRA賞最優秀3歳牝馬、1994年JRA賞最優秀4歳牝馬、1995年JRA賞最優秀5歳以上牝馬。

参照:ウィキペディア

「女帝」エアグルーヴ

エアグルーヴ

エアグルーヴ

1997年に牝馬として26年ぶりのJRA賞年度代表馬に選出された。母ダイナカールも優駿牝馬(オークス)を制しており、母娘2代での優駿牝馬の制覇を成し遂げた。また秋の天皇賞優勝など、牡馬と互角以上に渡り合った戦績から「女帝」と称される。

参照:ウィキペディア

「異次元の逃亡者」サイレンススズカ

サイレンススズカ

サイレンススズカ

1998年の宝塚記念。同年6連勝で臨んだ天皇賞(秋)において故障。

参照:ウィキペディア

「怪鳥」エルコンドルパサー

エルコンドルパサー

エルコンドルパサー

1998年に中央競馬(JRA)でデビュー。同年NHKマイルカップとジャパンカップを制し、JRA賞最優秀4歳牡馬に選出される。1999年にはフランスへの長期遠征を行い、サンクルー大賞などに優勝したほか、ヨーロッパ最高峰の競走とされる凱旋門賞で2着の成績を残して引退。同年は日本で走らなかったにもかかわらずJRA年度代表馬と最優秀5歳以上牡馬に選ばれた。

参照:ウィキペディア

「オールラウンダー」アグネスデジタル

アグネスデジタル

中央・地方・日本国外を転戦して芝・ダートを問わず活躍し、2000年から2003年にかけてマイルチャンピオンシップ、マイルチャンピオンシップ南部杯、天皇賞(秋)、香港カップ、フェブラリーステークス、安田記念とGI競走で6勝を挙げた。日本にグレード制が導入された1984年以降、芝・ダートの双方でGI勝利を挙げた最初の馬であり、2001年から2002年にかけては国内外のGIで4連勝という記録を打ち立てた。2001年度JRA賞最優秀4歳以上牡馬。

参照:ウィキペディア

「不死鳥」グラスワンダー

グラスワンダー

グラスワンダー

1997年に中央競馬(JRA)でデビュー。同年朝日杯3歳ステークスをレコードタイムで制し、最優秀3歳牡馬に選出。レーティングではJRA所属の2歳馬として史上最高の評価を受けた。翌1998年春は骨折で棒に振ったものの、秋には復帰し、年末には有馬記念を制覇。1999年にも複数回の怪我に見舞われながら宝塚記念と有馬記念を制し、史上2頭目の「グランプリ三連覇」を達成。同年、JRA賞特別賞を受賞した。

参照:ウィキペディア

「世紀末覇王」テイエムオペラオー

テイエムオペラオー

テイエムオペラオー

1999年JRA賞最優秀4歳牡馬、2000年年度代表馬およびJRA賞最優秀5歳以上牡馬(部門名はいずれも当時)。顕彰馬。シンボリルドルフに続いての中央競馬GI最多勝タイ(7勝)、2000年の年間無敗記録を達成した。

参照:ウィキペディア

「名優」メジロマックイーン

メジロマックイーン

メジロマックイーン

中央競馬で菊花賞、宝塚記念、天皇賞(春)(2回)などに優勝、1991年春の天皇賞では祖父メジロアサマ、父メジロティターンに続く父子3代天皇賞制覇を成し遂げた。同年秋の天皇賞で、日本におけるGI競走史上初の1位降着も記録している。獲得賞金10億1465万7700円は、当時の世界最高記録。獲得賞金額が10億円を突破した最初の馬である。1991年度JRA賞最優秀5歳以上牡馬。1994年、顕彰馬に選出。

参照:ウィキペディア

「史上最強牝馬」ウオッカ

ウオッカ

ウオッカ

牝馬として64年ぶりに東京優駿に勝利(3頭目の同競走の牝馬での制覇)するなどGI通算7勝を挙げ、当時マスコミやファンから「史上最強牝馬」と呼ばれた。

参照:ウィキペディア

まだまだ見つけられてない異名の持ち主もいるかもですね!

コメントをする

ウマ娘プリティーダービー情報

コメント

  1. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 06:26:51 返信

    オグリの二つ名が「芦毛」じゃなくて「栗毛」になってますよ

    • 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 08:22:34 返信

      栗毛の怪物はグラスだもんな

      • 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 08:42:37 返信

        オグリ「わし、栗毛やったんか…(痴呆)」

      • 名も無きウマ娘 2018/07/03(火) 15:39:05 返信

        グラスは「怪物」ってイメージがある
        98年当時は怪物って言われてた

  2. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 09:08:09 返信

    スペちゃんは?

    • 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 09:21:39 返信

      日本総大将

  3. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 09:14:35 返信

    オグリは芦毛では?💦

  4. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 10:28:06 返信

    ブロンズコレクター=ナイスネイチャ

  5. プラスの中の人 2018/06/29(金) 10:57:11 返信

    すみません。あろうことか、オグリを間違えるなんて…

  6. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 11:46:21 返信

    アグネスデジタル=変態って、ひどい。

    • 名も無きウマ娘 2018/07/03(火) 15:35:03 返信

      言われてましたね変態w
      アングラな意味の変態ってのは、「見たものがドン引し本能的に恐怖を感じる程のずば抜けた実力者」って意味があります。
      自分はそういう意味で捉えてました。
      特に2000年のマイルチャンピオンシップは恐ろしい末脚でした。あれだけの切れる脚は、これまで見てきたなかでTOP3には入ります。

  7. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 12:44:44 返信

    タマモクロスは二つ名の白い稲妻だけじゃなくてキャッチコピーも良いから好き
    風か光か
    タマモクロス

    • 名も無きウマ娘 2018/07/01(日) 07:36:59 返信

      みどりのマキバオーばかり引用されるけど、
      風のシルフィード、蒼き神話マルスも
      タマモクロスからの着想だよね。

      本当に、少年漫画そのものの生き様だった。

  8. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 13:00:28 返信

    世紀末覇王の字面が一番の怪物

  9. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 15:01:24 返信

    阿寒湖特別=ステイゴールド
    高性能逆噴射=ツインターボ
    粘度代表馬=モチ

  10. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 16:00:12 返信

    ナイスネイチャ=ワイドやわ。あの写真めっちゃ好きだった。まぁ競走馬引退後やから別枠だけど。

  11. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 17:09:33 返信

    ドバイの星:ホクトベガ…(´;ω;`)

  12. 名も無きウマ娘 2018/06/29(金) 18:00:31 返信

    私ほど定着してる異名はないな

  13. 名も無きウマ娘 2018/07/01(日) 07:40:53 返信

    「怪物、と呼ばれるのはひとりでいいわよね?」
    と言ってたマルゼンさん、シャドーロールの怪物を忘れる痛恨のミス。

  14. 名も無きウマ娘 2018/07/01(日) 19:41:08 返信

    『マイル王』タイキシャトル
    『トリックスター』『芦毛の逃亡者』セイウンスカイ
    『金色の暴君』オルフェーヴル

    例える感じなら
    『マルゼンスキーの再来』グラスワンダー
    『平成のクリフジ』ウオッカ
    とかありますね

  15. 名も無きウマ娘 2018/07/01(日) 21:50:45 返信

    ディープの「英雄」ってどこもかしこも呼んでたから定着してるイメージだったが違うのか
    それはそうとオペラオーの世紀末覇王が格好良すぎる
    この異名がまさにその通りなんだもんなぁ

    • 名も無きウマ娘 2018/07/09(月) 16:49:14 返信

      言ってしまえば、シービーもルドルフもブライアンもディープもオルフェも、三冠馬は皆等しく『英雄』だから、ディープの二つ名と言われてもピンと来ないのが正直な感想。そもそも『ディープインパクト』の名前自体が二つ名っぽい。

  16. 名も無きウマ娘 2018/07/02(月) 03:07:04 返信

    ウォッカが挙げられてるなら、
    ミス・パーフェクト=ダイワスカーレット
    にも触れてほしい

  17. 名も無きウマ娘 2018/07/03(火) 15:36:28 返信

    ウオッカが「史上最強牝馬」って言っちゃうと色々荒れるんだよなぁww
    ダスカ、ブエナ、ジェンティルあたりで

    • 名も無きウマ娘 2018/07/24(火) 03:32:27 返信

      府中で1600、2000、2400のG1、しかも、牝馬限定だけじゃなく、牡馬を相手に勝ってるんだから史上最強と言っても差し支えないとは思うんだがね。

      強い牡馬がいない時期だったのと、勝ち鞍のほとんどが府中、ダスカとの対戦成績で負けてるってのが問題をさらに混沌とさせるんだよw

  18. 名も無きウマ娘 2019/04/07(日) 14:46:52 返信

    ウオッカのご冥福をお祈りいたします。

  19. 名も無きウマ娘 2019/04/28(日) 08:24:03 返信

    『芦毛の暴君』ゴールドシップ

   トップへ戻る