『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】

『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
本日ぱかラジでアニメウマ娘第2Rのサイドストーリーが公開されました!ラジオで聞くサイドストーリー!今回はウオッカとダイワスカーレット編です。
ウマ娘プラスはウマ娘 プリティーダービーに関する情報・ニュースを随時配信中です!
【ゲーム】ウマ娘プリティーダービーは現在事前登録受付中です!
詳しくは ⇒ アプリ版ウマ娘 プリティーダービー公式サイト

人気記事
  1. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』6人のウマ娘イラストが微修正されている件!なぜ毛量をここまで変えたのでしょうか?w
  2. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』ウマ娘のリリース日の発表は来ず…。でもナリタブライアンがいなくなった理由は大ごとでは無いようです♪
  3. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』「帝皇光輝」←このウマ娘わかりますか?w
  4. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』Sound Fanfare!ページに気になる文言が!!!「サプライズ展示」とはいったいなんの事?
  5. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』CyStore秋葉原カーニバルも控えているので2nd物販で使いすぎ注意!
  6. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』2ndは相当体力がいるイベントになるかも?ライブにいけるうらやましい人達は体調を万全に!
  7. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』2ndでうまぴょい伝説が本物の伝説に!ライブ終了後のみんなの声が物語っているw
  8. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』走れウマ娘!のCD喜びの声多数!歌詞もしっかりウマ娘用に修正されてます♪
  9. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』楽曲だけじゃなくてペンライトの予習もお忘れなく!
  10. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』秋華賞はダスカで決まり?以降のG1でのイラストはどうなると思う?ヒシアマ姐さんはどのレースで描かれるの?
  11. 『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】
    『ウマ娘』ライブ終了後のキャストのみんなのツイートを集めてみました♪みんな可愛いぃぃぃ(´∀`*)

『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】

本日、アニメウマ娘第2話のサイドストーリーがぱかラジにて配信されました!アニメでは描かれなかったウオッカ・ダイワスカーレットのサイドストーリーです!

ウオッカ ダスカ:いっただきまーす!

ダスカ:ちょっとかぶんないでよー

ウオッカ:そっちこそー!

ゴルシ:ハアー労働の後のメシはうめぇーなー

ゴルシ:(はむはむ)

ウオッカ:労働って言ったってズタ袋で人攫っただけだろー?

ゴルシ:(もぐもぐしながら)いや、お前あれでなかなか気を使うんだぞ!袋の中でいかにお客様に快適に過ごして頂けるか考えて、縦ゆれを極力防いでだなー

ウオッカ:根本的におもてなしの心が間違ってるんだろー

ダスカ:ウオッカ!食事中なんだから、もっと楽しく行きましょーよ!

ウオッカ:どうしたんだ?スカーレット!やけにご機嫌じゃねーか

ダスカ:(口の中にものをつめながら)だって今日はスズカ先輩もスペ先輩も入部決定で、ようやくチームとして始動出来るのよ?嬉しいに決まってるじゃない?

ウオッカ:なーに言ってるんだかわかんねーって!

ゴルシ:まっ、やっとトゥインクルシリーズに出られるんだ!許してやれよ!

ウオッカ:あっ、そっか…俺達本当にトゥインクルシリーズに出られるんだよな!今になって実感沸いてきたかもー!

ダスカ:私絶対に勝負服はかわいい路線がいいわ!

ウオッカ:俺はカッコいいのがいいな!バイカーみたいにさぁ黒一色でビシッって感じ!

ウオッカ ダスカ:んー!!!(喜びの声)

ゴルシ:いやいや、お前らデビューできるかどうか決まってないんじゃね?

ウオッカ ダスカ:え?

ダスカ:たっ、確かに…スペ先輩はデビューは決まったけどトレーナー、私達のことは何も…

ウオッカ:うおい!やべえじゃん!どうすんだよー

ダスカ:どうするったって!

ウオッカ:えーこのまま待ってるだけー?

ダスカ:えーでもなんとかしないと!

ゴルシ:んぁートレーナーの事だから、目立つアピールでもしときゃーなんとかなるんじゃねーの?

ウオッカ ダスカ:えっ?!

ダスカ:目立つアピール!

ウオッカ ダスカ:それだ!それだわ!(二人同時に)

『ウマ娘』ウマ娘 第2話サイドストーリー「目指せ!デビュー!」ウオッカ・ダイワスカーレット編【読むウマ娘】

ダスカ:ねーウオッカ!どうかしらこの水着!

ウオッカ:どうかしらって…学園指定のいつもの水着だろ?

ダスカ:そうじゃなくて!もっと心の目で見なさいよ!心の目!

ウオッカ:どういうことだよ…

ダスカ:もう鈍いわねートレーナーにはまず私の肉体美を再認識させてやるの!この鍛えられた抜群のプロポーションを見れば、私がトゥインクルシリーズに出ないのは世界にとって不幸な事だって気付くはず!

ウオッカ:ぇぇー…

ダスカ:ちょっとーなによ!その目は?

ウオッカ:やってみればいいんじゃない?無駄なことにも意味はあるって言うし…

ダスカ:ふふっ、そんなに拗ねなくてもいいわよ!ちゃーんとあんたも一緒にデビュー出来るようにお願いしてあげるから!

トレーナー:おっ!こんなところに居たのか?

ウオッカ:おっ、トレーナー!

トレーナー:なんだよ、急に大事な話があるってー

トレーナー:おっ、ス、スカーレット…お前…

ダスカ:(よし、かかったわね!)

ダスカ:さぁ、トレーナー!この私をデビューさせるのよ!ついでにウオッカも!

トレーナー:スカーレット、お前…

ダスカ:ちょっ、なっ、なっ、何よー!気軽に近づかないでよー

トレーナー:ほー、スカレット、もしかしてお前!前より太ってないか?

ダスカ:なっ!

トレーナー:なるほどー、どうりで最近スカーレットは走ってるときのバランスがよくな…

ダスカ:なんてこと言うのよー!

ドゴッ(けられる音)

トレーナー:ごぁー

(水に落ちる音)

ウオッカ:ハハハー!まっ、こんなことだろーと思ったよー

ダスカ:ぅぅぅー、うすうす気付いていたことを…

ウオッカ:よし、次は俺の番だ!トレーナー、後で練習トラックに来てくれよな!

ダスカ:すぐに来ないと承知しないからね!

(ブクブク)

トレーナー:(水の中から出てきて)なっ、なんなんだよー!

ピッ(笛の音)

(トラックを走る音)

ウオッカ:ハッ、ソリャー!エヘへー!どうだ、この空手着!似合ってるだろ?

ダスカ:ねぇウオッカ!あんた空手なんてやってたっけ?

ウオッカ:あっ、いや、別にやってないけどー

ダスカ:じゃーなんなのよ!それー

ウオッカ:とにかくー俺のかっこよさをアピールするんだよー!(ハッ、ヤー!)トレーナーも俺のかっこよさに気がつけば…レース場に立つ俺の颯爽とした姿を想像して…くー!!!でやー!

ドゴッ

トレーナー:ごぁー!(倒れる音)

ウオッカ:あれ?トレーナーいつ来たんだ?

トレーナー:よっ、呼ばれた通り、練習トラックに来た…が、ウオッカ…お前体の軸が少しずれて…うぁ…(倒れ込む音)

ウオッカ:どぁ…トレーナー!!

ダスカ:あんた闇撃ちしてどうすんのよー

ウオッカ:いやー、べ、べ、別にそんなつもりはー

ダスカ:まっ、そんな付け焼刃な作戦じゃ…やっぱりだめって事ね!

ウオッカ:ふん!お前だって同じだろ?

ダスカ:こうなったら…よし、私は次にトレーナーを大量の飴で釣る作戦に出るわ!

ウオッカ:おー!その作戦悪くないかも!

ダスカ:でしょー!あんたも一口乗せてあげるから二人で協力してデビューを勝ち取りましょう!

ウオッカ:なっ、なんだーやけに優しいなー

ダスカ:まっ、まー早くあんたとはレースで勝負を付けたいからねーこんな所でモタモタしていたくないの!

ウオッカ:えへへっ!そうだなースカレーット!絶対に二人でデビューしようぜ!

ダスカ:ええ!

トレーナー:お前ら…

ウオッカ ダスカ:え?

トレーナー:そんなにデビューしたいならな…まーじめにトレーニング受けろー!

ウオッカ ダスカ:はっ、はいーーーーーー!

(走る音)

トレーナー:次、右足を赤

ウオッカ ダスカ:うぐうぐっ…

スペ:ウオッカさん!スカーレットさん!いい感じですー!

ゴルシ:ははははっ、お前らおもしれー格好だなー!

ダスカ:ちょっとー、なんで私がツイスターゲームなんかやらないといけないのよー!

ウオッカ:こっ、これのどこが真面目なトレーニングなんだよー!

トレーナー:馬鹿馬鹿しく思えるだろうが、バランス感覚は重要なんだ。はい!スカーレットは次右手を赤!

ダスカ:えー!無理よそんなのー

ウオッカ:あはははースカーレットすごい格好ー

ダスカ:なによー!あんたも人のこと言えないでしょー

ゴルシ:なぁー、ここをこうしたらもっと面白いんじゃないかー?

ウオッカ:どぁー!おいやめろってばー!恥ずかしいだろー

(ゴルシたちが騒ぐ声)

トレーナー:スペ!

スペ:あっ、はい!

トレーナー:あいつらはあいつらなりに、真面目にデビューを目指してる!ま、まだ戸惑ってるかもしれんが、チャンスをモノにしないと日本一には届かないぞ!

スペ:はっ、はい!

トレーナー:って事で次はお前の番だー!スカーレットー!スペと交代してやれー

スペ:えーわっ、私ですかー?

ウオッカ:なんで俺は交代じゃないんだよー!

うわ…(疲れた声)

トレーナー:よし、一旦休憩!この後は走り込みのメニューだ!気合いれていけよー

スペ スズカ:はい!

ゴルシ:あー、もっと遊びたかったのになー

ウオッカ ダスカ:(疲れた声)

ダスカ:結局トレーナーにうまくアピールできなかったわねー

ウオッカ:俺達、いつデビューできるんだろーなー

ダスカ:そうね。でも!

~ 回想 ~

トレーナー:なるほどー、どうりで最近スカーレットは走ってるときのバランスがよくな…

ダスカ:なんてこと言うのよー!

トレーナー:ごぁー!(倒れる音)

ウオッカ:あれ?トレーナーいつ来たんだ?

トレーナー:よっ、呼ばれた通り、練習トラックに来た…が、ウオッカ…お前体の軸が少しずれて…うぁ…(倒れ込む音)

~~~

ダスカ:私達にはまだ、やらなきゃいけないことがあるみたい!

ウオッカ:そうだな!今はアピールよりもトレーニングするかー!

ダスカ:んふっ、今日は珍しく気が合うわね!

ウオッカ:っふ、だな!

ウオッカ ダスカ:(二人の笑い声)

トレーナー:さー、休憩終了だー!お前ら走り込み始めるぞー

ウオッカ ダスカ:もうかよー

スズカ:ふたりとも大丈夫?

ダスカ:はい!

ウオッカ:やってやろうじゃーねーかー!

スペ:あっ、あの、スカーレットさん!ウオッカさん!私デビュー戦がんばりますね!

ダスカ:スペ先輩!スカーレットでいいですよ!

ウオッカ:俺も呼び捨てで大丈夫です!

スペ:う、そ、それじゃ…えーと…スカーレットちゃんとウオッカちゃん…はどうかな?

ダスカ:ウオッカちゃん…

ウオッカ:スカーレットちゃん…

ウオッカ ダスカ:あはははは(二人の笑い声)

ウオッカ:いいですよ!それで!

ダスカ:さぁ、行きましょ!スペ先輩!

ゴルシ:ああ!

ウオッカ ダスカ:お前に言ってねー!!!

スペ:じゃあ行きましょう!

(走る音)

ウオッカ ダスカ:イチニ、イチニ!

スズカ:スピカいいチームになりそうですね!

トレーナー:ああ!

ダスカ:ウオッカには絶対に負けない!

ウオッカ:いーや俺が勝つ!

ダスカ:勝つのは私よー

ウオッカ:いや、俺だー

ダスカ:絶対に私ー

ウオッカ:俺、俺、俺、俺…

なんか日常回って感じでこういうのもいいですね!

サイドストーリーを聴く

コメントをする

ウマ娘プリティーダービー情報

トップへ戻る